« 東日本地震災害はこんなところにも影響 | Main | 災害は忘れる頃にやってくる、そのための教訓はなぜ生かされない? »

恐怖の核兵器が作られている

核兵器の持たない日本が広島、長崎の原爆の恐怖が一番良く知っている。

原爆を体験していない海外では核兵器製造に夢中になっている。

製造禁止の国際世論をもっと盛り上げるべきだと思う。


ーーーーーーーーーー


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成23年(2011)3月31日(木曜日)
     通巻第3290号 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~

 イランのナタンズ原子炉は明らかに核兵器を製造中
   国際的制裁の網をかいくぐって機材や材料を密輸する中国
****************************

 パキスタンの「核の父」といわれたカーン博士は、リビア、イラン、
そして北朝鮮の核武装を手助けしていた。
パキスタンはカーンの「罪」を許し、海外渡航は禁じられているが、
国内をカーンは自由に動き回っている(アジアタイムズ、3月30日)。
 しかもカーン・コネクションは残存している。

 イランは核武装のための秘密のコネクションを世界各地に広げてい
るが、欧米ならびに国連はイランに経済制裁を科しており、とりわけ核
開発にかかわる設備機材、材料などの輸出に目を光らせている。
 だが、イランの核開発は進捗し、ナタンズの原子炉ではウラン濃縮
が進んでいる。

 だとすれば、誰がイランの核武装を手助けしているのか?
 それは言うまでもない、かの国である。

 国連制裁に従う振りをしながら、中国がイランとともに発明した手法
とは、第三国を経由して第三者が介在するという方式、舞台はドバイ
である。

 中国政府の関与はきれいさっぱり痕跡がない。そればかりか中国
系企業が関与した形跡さえ巧妙に消されている。捜査しても表にで
てくるのは香港、台湾、あるいはスイスや米国にある貿易会社などだ。

抜け穴はドバイだった。
 ドバイにはイラン人が45万人住んでいる。大半は原理主義宗教過
激派が支配
するイランから逃れてきた事実上の亡命者だが、なかにはエージェン
ト、スパイ、秘密工作要員が混じっている。

 ドバイには4650社のイラン系企業が存在し、工業開発区への投資
も巨額にのぼる。このドバイのイラン系企業には香港、台湾などから物
資が運ばれ、核物質原料や、ウラン濃縮に必要なバルブ、機材一式、
なかには「カーボン・ファイバーが含まれ、追跡した結果、これらは中国
から輸出されていたことが分かった
」(ワシントンポスト、2010年10月18日)。

 懲りない面々の暗躍、きょうもドバイで。 
     ◎◎ ◎◎ ◎◎
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

|

« 東日本地震災害はこんなところにも影響 | Main | 災害は忘れる頃にやってくる、そのための教訓はなぜ生かされない? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48813/51262778

Listed below are links to weblogs that reference 恐怖の核兵器が作られている:

« 東日本地震災害はこんなところにも影響 | Main | 災害は忘れる頃にやってくる、そのための教訓はなぜ生かされない? »