« 原発は安全なのか? | Main | 東日本地震災害はこんなところにも影響 »

恐怖の原発が毎日のように報道されている

毎日のように報道されている原発の恐ろしさが日に日に増してくる。
原発は廃止すべきだ。そして他の水力発、風力発などの切り替えるべきだ。


理事通信社掲載

 東京電力は28日、福島第1原発の敷地内5カ所で21、22両日に採取した
土壌から、微量のプルトニウム238と同239、240を検出したと発表した。こ
のうち1号機から西北西へ約500メートル離れたグラウンド付近と北へ約500
メートル離れた固体廃棄物貯蔵庫前の2カ所で検出されたプルトニウムは、今
回の事故で損傷した核燃料棒から出てきたと考えられる。

 記者会見した武藤栄副社長は「ご心配をおかけしておわび申し上げる」と謝罪
した。

 東京電力によると、濃度は過去に海外で行われた大気圏内核実験により国内
各地に降ったプルトニウムと同様のレベルであり、人体には問題なく、復旧作業
にも影響ないという。

 原子炉と使用済み核燃料プールのどちらから放出されたかは不明。3号機の
原子炉は一部に通常のウラン燃料と異なるウラン・プルトニウム混合酸化物燃
料(MOX燃料)を使っていたが、どの燃料棒から出たかも特定できないという。
武藤副社長は「全体として放射性物質が出てくる量を少なくしたい」と述べた。

 グラウンド付近の土から検出されたプルトニウム238は1キログラム当たり0.54
ベクレル、239と240が同0.27ベクレル。固体廃棄物貯蔵庫前の土は、238が
0.18ベクレル、239と240が0.19ベクレル。

 分析は日本原子力研究開発機構が23日から実施。プルトニウムの検出には1週
間近くかかるという。東電は今後も3カ所で週2回土壌を採取し、分析を続ける。

 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は29日未明の記者会見で、「人
体に影響ない濃度だが、楽観はしていない。本来の閉じ込め機能が破られているという
意味で、憂うべき事態だと考えている」と話した。 


|

« 原発は安全なのか? | Main | 東日本地震災害はこんなところにも影響 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48813/51246499

Listed below are links to weblogs that reference 恐怖の原発が毎日のように報道されている:

« 原発は安全なのか? | Main | 東日本地震災害はこんなところにも影響 »