« え!まだ1円も届いていない。とっくに振り込んだ、募金箱に入れたのに | Main | 未曾有の東日本地震災害から今日で1ヶ月になる »

東日本地震災害さらに被害が広がる。

住居失い、家族失い、農業、漁業の仕事も奪われる悲惨な情況に

なりながら懸命に生きるために復興させる姿に救援を手助けをした

い思う。

┏━━ 社説(産経新聞) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6日;(1)汚染水放出 「非常手段」の説明尽くせ
『2号機のタービン建屋にたまっている高濃度の汚染水の保管場所を確保するた
めのやむを得ない措置だが、事前の説明が不足している。何しろ捨てられる汚染
水の量が膨大だ。1万1500トンにも上る。東京電力や原子力安全・保安院な
どは、放出の可能性を事前に告知できなかったのか。海の生態系への影響がない
放射能量であっても、説明が省略された印象を与えると不安や不信感が深まりか
ねない。原子炉を安全な「冷温停止」に落ち着かせる作業は、汚染水に復旧工事
を阻まれるなどして長期戦を余儀なくされている。
 原子力事故は分かりにくい。だからこそ、政府は事故現場で進められている取
り組みの目的をはじめ、その位置づけや見通しの大枠をしっかり国民にアナウン
スすることが必要だ。現場での最優先課題は原子炉の冷却だ。これに失敗すると
汚染拡大の水蒸気爆発などにつながる。だから、本格的な冷却システムが回復す
るまで、汚染水の原因となることを承知の上で、水の注入を続けざるを得ないの
だ。原子炉の中ではウラン燃料が崩壊熱を出し続けている。現在の発熱は、注水
開始時の2分の1以下になっているはずだ。
 油断は禁物だが、最悪の事態の可能性は日ごとに低くなってきている。注水量
も当初よりは少なくなっている。
 2号機付近から海に漏れ続けている高濃度の汚染水を一日も早く止めたい。今
回の低濃度汚染水の海洋大量放出容認は、そのための非常手段である。海には汚
染物質を拡散させる力があるが、長引けば漁業への風評被害が深刻化する。放射
性物質の海洋モニタリングに力を入れてもらいたい。4基の原発が損傷した今回
の事故の収束には、月単位の時間がかかる。それを考えると「現場よ頑張れ」の
声が自然にわき上がってくるような、適切かつ誠実な対応の積み重ねが不可欠だ

|

« え!まだ1円も届いていない。とっくに振り込んだ、募金箱に入れたのに | Main | 未曾有の東日本地震災害から今日で1ヶ月になる »

Comments

Are you keen on real-time strategy game, you then should have fun with the Clash of Clans in your life-time.

Posted by: clash of clans guide | June 20, 2015 at 05:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48813/51321178

Listed below are links to weblogs that reference 東日本地震災害さらに被害が広がる。:

« え!まだ1円も届いていない。とっくに振り込んだ、募金箱に入れたのに | Main | 未曾有の東日本地震災害から今日で1ヶ月になる »