« 中国の経済バブルはじける音が聞こえてくる | Main

世界的IT産業の集まる米国シリコンバレーで停電がよくある

米国シリコンバレーでコンサルタント経営者の東大出身の渡辺千賀さんのブログ
で掲載。

ーーーーーー

シリコンバレー停電事情
シリコンバレーでは停電は突然やってくる。しかも頻繁にやってくる。特に何のイベントがなくても時折停電になるのだが、過去10年ほどの間に特にひどい停電が2度ほどあった。

まず2001年。これはEnronのせいで電力需給が狂って、カリフォルニア州丸ごと電力不足になったので。このときは計画停電で、地域ごとに停電させていく方式だったのだが、計画の内容は知らされず。

停電になるのはわかるが、何時からかはわからない。

料理をしようといろいろ切ったりした後、鍋を電気コンロにかけたところで「ばちーん」と停電、舌打ちして外出、電気のついているレストランを求めてさまよう、というような毎日であった。(もちろん、停電に巻き込まれた病院などは大変だった模様。)

ちなみに、輪番停電は英語ではrolling blackoutといいます。

さらに、確か2006年の夏には、猛暑で電信柱の上のトランスフォーマーが故障しまくり、広域停電した。このときは電力会社の修理が間に合わず、一旦停電したら数日、ひどいところでは数週間戻らないところもあったりして、なかなかにサバイバルであった。我が家も1-2日やられ、かろうじて微弱なクーラーが効いている公共図書館やIKEAに避難した。IKEAは、同じような停電避難民であふれ、普通にベッドで寝てる家族とか、ソファで団欒してる家族に占拠されておりました。

そういう「非常事態」以外でも、日常それなりに停電は起こる。つい3日前も、朝8時半から数時間、夕方4時半ごろから15分ほど、前触れもなく停電した。

停電すると、いろいろなタイマー合体型の時計が消えてしまい、電気が戻ってきたときに全部時間を合わせないといけない。その点、日本からやってきた電化製品(炊飯器とか)は、停電のない(なかった)国からやってきたにもかかわらず、停電してもタイマー・時計だけは持続されるものが多くてえらい。

一方、同じく停電のない(なかった)日本からやってきた瞬間ガス湯沸かし器を使っているのだが、これは電気がないとコントロール不能になって湯が沸かなくなるのが困りもの。シャワーを浴びるためだけにジムに行ったりしないとならず、大変面倒。普通のコンセントに差し込む式ではなく、直結型なので、発電機につなげたコンセントを使うわけにもいかない。(ノーリツさん、なんとかしてください)。

それでも、広域な停電はまだましで、電力会社もなんとか早く直そうとする。しかし、ごく限られた停電(1ストリートだけ、とか)だと、結構時間がかかる。私の知人は、彼らの家だけ停電したが、修理が来ず、3−4日間、隣の人から長いコードを引いて「借電」し生き延びていた。

|

« 中国の経済バブルはじける音が聞こえてくる | Main

Comments

If you are going for best contents like myself, just pay a quick visit this web site daily for the reason that it gives feature contents, thanks

Posted by: ประตูม้วน | August 03, 2015 at 04:43 AM

Howdy, i read your blog from time to time and i own a similar one and i was just wondering if you get a lot of spam remarks? If so how do you reduce it, any plugin or anything you can recommend? I get so much lately it's driving me insane so any help is very much appreciated.

Posted by: รับกำจัดปลวก | August 01, 2015 at 11:17 AM

Well it'sall based around something called SEO( search engine optimization ). As the course was very practical, with the chance to use any organisation of the student's choice inn the assignments that we had to submit, I ended upp formally setting down the Marketing Plan on paper, that had been up there in my head for no one to see. Here you cannot ignore the fact that all things which aare seen and heard on web have much more significance.

Posted by: Lavern | July 27, 2015 at 02:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48813/51455319

Listed below are links to weblogs that reference 世界的IT産業の集まる米国シリコンバレーで停電がよくある:

« 中国の経済バブルはじける音が聞こえてくる | Main