« ここにも東日本地震災害の影響が | Main | 世界的IT産業の集まる米国シリコンバレーで停電がよくある »

中国の経済バブルはじける音が聞こえてくる

宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成23年(2011)4月19日(火曜日)
      通巻第3306号 (4月18日発行)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
 中国の異常なインフレは世界経済の脅威になり
始めた
  中国輸出産業が米国ウォルマートの注文を拒
否する事態に
********************

 ニューヨークタイムズの4月18日付けは「中国の
インフレが世界経済の脅威をもたらしつつある」と大
きく報道している。
野菜二倍、ガソリン50%増
(1ガロン380円―400円)。
 
 インフレが猛烈となり各地に賃上げストが続き、こ
の結果、安い労働市場だった中国の基幹が損壊さ
れた。
つまり輸出コストがあわず、米国のスーパーマーケ
ットの依頼で生産してきた消費者物資を矢継ぎ早や
に輸出を拒否するとした。100円で売ってきたが、
130円でないと売れないと言っているのであり、急
な価格変更は米国が困ることになる。

 「インフレ率5・4%と公式数字が言うが、実態はそ
んな数字ではなく、もっと悪い」(カルメン・ラインハ
ルト女史・ピーターソン国際研究所)。

 中国は預金準備率をまた切り上げて20・5%とし
た。
先月20%にして世界をあっと言わせたばかり。
それは不動産価格が前年比37%もの上昇をしめし、
上海でのマンションの売り出し価格が4250万円
(ひとりあたりのGDPは日本の10分の1だから、購
買力平価に直せば、4億2000万円のマンション、
四川省成都のマンションですら、年収の25年分。こ
れを冷やすにはローンを厳密にして通貨供給を減ら
すしかない。

|

« ここにも東日本地震災害の影響が | Main | 世界的IT産業の集まる米国シリコンバレーで停電がよくある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48813/51427083

Listed below are links to weblogs that reference 中国の経済バブルはじける音が聞こえてくる:

« ここにも東日本地震災害の影響が | Main | 世界的IT産業の集まる米国シリコンバレーで停電がよくある »