« 恐怖の核兵器が作られている | Main | え!まだ1円も届いていない。とっくに振り込んだ、募金箱に入れたのに »

災害は忘れる頃にやってくる、そのための教訓はなぜ生かされない?

私たちの日本の自然災害は全国でなんども体験してきている。そのときの教訓を忘れて

はいないだろうか?

2011年4月2日(土)付
asahi.com社説掲載

復興再生ビジョン―希望への一歩 構想しよう 「その日を境に、ほとんどすべての事が
変わってしまう日がある。何百万人もの生活は再び同じものとはならなかった」。経済学
者ガルブレイスが大恐慌を書いた著書にある言葉だ。

 私たちにとっておそらく、2011年3月11日は、それ以前と、それ以後とを隔てる時代
の分水嶺(ぶんすいれい)になるだろう。

 よりよい明日への一歩を刻めたか、これまで通りその場しのぎに終始したか。どちらを
選択するかが、いま問われている。

■津波減災する郷土に

 傷ついた街を復旧し、日々の生活を取り戻さねばならない。

 同時に復旧・復興政策の根本になるビジョンを作り、国民、とりわけ被災者に明確に開
示し、共感と同意が得られれば、実現に向けて資源、人材、お金を集中させることが必要
だ。

 ビジョンの柱は何か。戦後最大の災害を経験したいま、単なる原形復旧では済まされな
い。大津波は今後も繰り返し襲ってこないとも限らない。いざ起きても、被害を出来る限り
小さくできる郷土に作り替える。そのことに尽きる。

 三陸から福島、茨城、千葉にいたる太平洋沿岸は豊かな海産資源に恵まれ、その港と、
市場や加工場と、住居が一体化していた。そこを津波に襲われた。

 この地域は過去に何度も津波災害に襲われている。死者約2万2千人を数えた明治三
陸大津波(1896年)や、さらにその37年後、同約3千人の昭和三陸津波が発生してい
る。

 これらの津波災害はある教訓を示す。海に近接した暮らしは平時は便利だが、いったん
災害が起きれば、仕事も自宅も、そして、自分や家族の命をも同時に奪いかねない弱点
である。

 復興にあたって、弱点は出来るだけ小さくする努力を重ねたい。例えば仕事と生活の場
を極力分け、住居は高台に置く「職住分離」を原則に考えたい。

 また地域の避難の拠点になる学校、病院、福祉施設などが津波に被災しないよう、設置
場所には細心の注意を払いたい。

|

« 恐怖の核兵器が作られている | Main | え!まだ1円も届いていない。とっくに振り込んだ、募金箱に入れたのに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48813/51284384

Listed below are links to weblogs that reference 災害は忘れる頃にやってくる、そのための教訓はなぜ生かされない?:

« 恐怖の核兵器が作られている | Main | え!まだ1円も届いていない。とっくに振り込んだ、募金箱に入れたのに »